オホーツクに消ゆ
サントラCD紹介

サウンド・アドベンチャー 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

アンダーグラウンド リベレーションフォース 2002年1月21日発売

「オホーツクに消ゆ」のサントラはゲーム発売直後にアポロンから発売されたが、当時からGMのサントラに感心を持っていた私ですら全く見かけた事がなく、ひとりで色々見て回れるようになった89年頃の時点ですでに幻のCDと化していた。同社のドラクエのCDなどはどこのCD屋でも見かけたのに、何故オホーツクに限ってすぐに廃盤になってしまったのかは今もなお良く分からないのであるが、案の定すぐにプレミアが付きヤフオクでは3万円前後の相場が当たり前となっていた。

しかし21世紀になって間もなく、ユーザー側からのリクエストの具現化に奔走するサイトである「たのみこむ」の力によりとうとう完全復刻が決定、さらにはオリジナルサントラまで収録されると言う、ファンにとっては長年待ちに待った夢の商品が再発売されるに至ったのである。

内容的には本来のDISC1は全編シンセサイザーによるアレンジとなっている。全10トラックしかないので、全曲収録されていないと思われがちだが実際は数曲まとめてのアレンジとなっているので、ほぼ全編収録されている。アレンジそのものは原曲のイメージやテンポに忠実であるため、原曲派の人にも難なく鑑賞出来るだろう。

2枚目は復刻オリジナルのファミコンオリジナル音源であるが、マスターROMがなかったためAVファミコンからの商品版ROMによる直接録音となっている。よって音質は期待出来ないと思われたが、実際はそんな事もなく十分鑑賞に耐えられる音質となっているので問題ない。



原作のBGMが大好きだった私は、当時からCD屋に行く度にオホーツクのCDはないか、と見て回ったものですが、最初にあるよう一度も見かける事はありませんでした。

ゲーム購入当時、雑誌にドラクエと共にアポロン版の通信販売の広告が掲載されており、親にねだったりもしたのですが、「店で買えばいい」と言われたので買えませんでした。ドラクエIのカセットは購入出来たのですが、あいにくオホーツクは見付からなかったので、これはちょっと長年の後悔でしたね。

「たのみこむ」により復刻が決定した事を知ったのは、発売日の数日前であり、この時はさすがに狂喜乱舞したものです。



しかし通販では送料が高めでしたし、さらには店頭では一部のお店でしか販売しなかったものですから、一体どこで購入すれば良いのかちょっと迷ったのですが、幸い町田にゲーマーズと言う店がある事を知り、そこで無事購入出来ました。

好きなBGMとしては、まあベタですがやはり第3章のメインテーマでしょう。最後だけあって長く辛い捜査となりますが、このBGMの良さのおかげでその辛さも気にならず楽しく進めたものです。しかし惜しい事にCDでは妙なアレンジがなされており、原曲の良さが活かされてないように思いましたので、それは非常に残念でした。よってアレンジにおいては第2章のメインと、夕張炭鉱+真紀子発見が一番良い出来だとおもっていますので、お気に入りのBGMとなっています。


GAMEMUSIC MEMORIAL


inserted by FC2 system