ドラゴンセイバー
サントラCD紹介

ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレスVOL.4 ドラゴンセイバー

ビクター音楽産業 1991年3月21日発売

前年に発売されたナムコ「ドラゴンセイバー」のオリジナルサントラCD。ご存知のよう、ドラゴンセイバーは裏技で前作ドラゴンスピリットのVGMが聴けるモードがあるが、もちろん本作にも完全収録されているため、1枚目にセイバー、2枚目にドラスピ+セイバーアレンジと、1タイトルとしては珍しく2枚組仕様となっている。しかし価格は3000円なので、とてもお買い得だ。

ビクター発売のナムコGMは単に基板から録音しただけではなく、より一層の音質向上処理がなされている事がほとんどであるが、もちろんこのセイバーも同様であり、元々高音質のシステムIIだけに大変にクリアな音で聴く事が可能だ。この辺りは賛否両論が分かれたりする所であるが、私自身はCDなんだから出来るだけ良い音で聴きたいと思う派でありますので、ナムコ+ビクターの方針は大好きでありました。

また当時のゲーメストの付録に、オリジナルとは違う何か、と言う一文がありましたが、どうやら基板とは左右の音が逆転していると言う事らしいです。

当時私はPCE版ドラスピの影響で、そのアーケード版のサントラ盤が欲しかったのですが87年発売だけあってほとんど見かける事はなく、そのため本作を購入しました。セイバー自体はあまりプレイしていなかった事もあって、ほとんどドラスピばかり聴いていたものですが、さすがにシステムIIだけあってPCE版とは比較にならない音の美しさに聴き惚れていったものです。

ただオリジナル盤は再販も復刻もされそうにないので、仕方がないのでPS版のCD-XA音源を引っこ抜いてサントラを自作しました。もちろんこれだとCDより音が悪いので、出来ればオリジナルを復刻してもらいたいものです。

好きなBGMと言えばベタではありますが、やはり1面と6面でしょう。もちろん単体のBGMとして聴いても素晴らしい出来ですが、ドラスピの場合は映画音楽的側面が強いメロディと言うイメージがありますので、やはりプレイしながらの鑑賞が一番心の琴線に触れると言うものです。

セイバーは正直あまり思い入れがないのですが、やはりこちらもベタですが1面辺りがお気に入りです。アレンジも原曲のイメージを崩さないものとなっているので良かったですね。







GAMEMUSIC MEMORIAL


inserted by FC2 system