消えたプリンセス


イマジニア 1986年12月20日発売

5000円 ディスクカード・両面

アドベンチャー

キャラクター・コマンド操作 Aボタン 決定
                 Bボタン キャンセル


豊富なおまけ
イマジニアというメーカーは、ゲーム以外にカセットテープなどのおまけがついた大きなパッケージでゲームを発売することで話題となったメーカーだったが、その第2作目となったのがこの[消えたプリンセス」だ。

このゲームには当時まだデビューしたばかりの富田靖子が起用され、付属のカセットテープには本人が歌うイメージソングと、ゲーム本編のプロローグに当たるドラマが収録されており、さらにドラマの主役でゲーム本編の目的であるキララ王女役も演じていた。

イマジニアは本作の他にも「銀河伝承」と、「聖剣サイコカリバー」といったゲームをディスクで販売していたのだが、もちろんこの2作にも消えたプリンセスと同様の付録が付いていた。



これらの付録の評判はどうだったのかはわからないが、当然その分割高になり、ディスクなのに販売専用になってしまうところなどがあったので、個人的にはこういったやり方は好きにはなれなかった。


ゲーム内容
プレイヤーは刑事となって、来日直後に失踪したキララ王女を捜し出すのが目的。基本的にはアドベンチャーゲームの部類に入るが、普通のアドベンチャーのように一枚絵とコマンドが並んでいるというものではなく、フィールド型RPGのような画面でゲームは進行するようになっている。

そして街の人々に聞き込みをしながら謎を解いていくのだが、口で言うのは簡単なものの、ひとつの街に非常に多くの家が並んでいるため、ヒントを聞くだけでもかなりしんどい思いをさせられる。

しかも王女を救い出すためには5つの神器なるものが必要となってくるのだが、これらを入手するための謎解きが普通では考え付かないものとなっているため、結果的にゲームの難易度がとても高くなっている。よってゲーム中のヒントのみ解くのは非常に厳しいので、雑誌などに少しずつヒントが掲載されていくのを待つしかなかった。

しかしこの当時はリンクの冒険やドラゴンクエストIIの発売直前だったこともあり、当然ゲーム雑誌はそれらのゲームを中心に作られていたため、このゲームを大きく取り上げている雑誌なんてほとんどなかったのだ。そんな訳で各雑誌のQ&Aコーナーなどをたよりにするしかなく、そのためかなりの人が挫折してしまった。


私の道のり
私がこのゲームを購入したきっかけは、街の中を歩き回って聞き込みしていくところなどが面白そうだな、と思ったのと、あとはやっぱりその付録に興味がわいたからだったと思います。

ゲーム内容に関しては自力ではほとんど解けなかったため、ファミマガのQ&Aコーナーに載るのを待ってプレイしていきましたので、クリアするまでかなりの時間を要した気がします。

それからはほとんどプレイすることはなかったのですが、販売専用で書き換えはできないということもあり、かなり長い期間書き換えすに残しておいたのですが、結局3年後ぐらいに別のゲームに書き換えてしまいました。



販売専用ということですので、その時点でもう2度とプレイできない可能性があったのですが、その書き換えたゲームがファミコン探偵倶楽部でしたので、後悔はなかったです。













ゲーム成績表
キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
3.22 3.05 2.95 3.07 2.49 3.23 17.94



FAMILY COMPUTER

inserted by FC2 system