プロ野球
ファミリースタジアム87

ナムコ 1987年12月22日発売

3900円 768Kbit

十字キー 選手移動 球速・変化球操作

      Aボタン 打撃 投球 送球
Bボタン 走塁



データ入れ替え
前年に発売され記録的ヒットを飛ばした、ファミスタの87年度版。

このソフトを購入してまず驚かされるのはパッケージが初代のものに「87年度版!」のステッカーが貼られただけのものであり、さらにマニュアルまで一部の画面写真は初代のままだったりと、あらゆる部分で手抜き感が満載となっている。

ゲーム的に見た目はほとんど変化なく、純粋なデータ入れ替え版と言っていいゲームであるためその点は仕方ないのかも知れないが、さすがにこれにはがっかりさせられたものだ。

チーム数はRチームからBチームが独立し、さらに新たにメジャーリーガーズが加わったため計12球団となった。


ゲーム的な変更点はやはりバッターが打席の真ん中あたりまでしか移動できず、打球の飛距離も短くなった事だ。そのため長距離打者以外ではなかなかHRを打つのが難しくなり、当然点も取り辛くなったため、ゲーム的には多少小味なゲーム性となってしまった。

その他細かい違いとしては打率やHRの表記が変化し、投手の防御率も100分の1の位まで設定されるようになった。

このゲーム以降スポーツゲームは一度当てれば以降はデータを新しくするだけで当分は安泰、と言う悪しき習慣がゲーム界に広まり、第2のどじょうを狙って各社から野球ゲームが乱発状態となったが、それだけ発売されても結局パワプロの登場までファミスタを超えるアクション系野球ゲームは現れなかった。


そしてこのデータ入れ替えと言う習慣は、スポーツゲームのみならず格闘ゲームにまで派生し、今ではそれが当たり前かのようにゲーム業界に根付いてしまっている。





メジャーリーガーズ
ファミスタ87から新たに加わったチームのひとつがこのMLBチームだ。

当時はMLBと言えば日テレの珍プレー集などで少しMLBの映像が流れる事はあったが、日本人大リーガーが当たり前のように活躍する今とはほど遠い状態であり、BS放送も開始前であったためMLBに興味を抱く日本人など皆無であった。

そのため何故MLBチームなど入れたのか不思議でもあるのだが、前述のよう投高打低になりHRが出辛くなったため、それならHRが出やすい球団を用意してあげよう、とでも思ったのだろう。





メンバーは現在MLBに興味のある人であれば有名な選手ばかりであり、野手はパケット、ストロベリー、カーター、オジー・スミス、リプケン、グウィン、カンセコ、マグワイア、マッティングリー、投手はライアン、スコット、バレンズエラ、リゲッティなど蒼々たるメンバーだ。

マグワイアはもちろん98年に歴史的な本塁打王争いを行ったマーク・マグワイアの事であり、87年は新人でありながら49本塁打を放ち新人記録を大幅更新、当然の事ながら新人王に輝いた。そのマグワイアのゲームでのHR数は61本とかなり多くなっているが、これはロジャー・マリスの記録や、燃えプロのホーナーの60という数字を意識したのだろう。

ライアンは87年40歳でありながら奪三振率11.76を記録しドワイト・グッデンの記録を更新、まだまだ160Km/h前後の豪速球を投げていたが、ゲームでは遥かに速く169Km/hが最高だ。

スコットは86年の優勝決定試合でノーヒッターを記録した、当時魔球と呼ばれたSFFを武器とする投手であり、ゲームでは最高139Km/hの速度でフォークボール(SFF)が決まる。

どの選手も実際の成績よりもかなり数字が高くなってしまっているので、実際の成績より低い事の多い日本人選手と比較し随分甘い成績だな、と思ったものだが、当時のMLB選手が日本でプレーしたらこのぐらいの数字は残すだろう、と想定した上での設定だったのだろう。





FAMILY COMPUTER


inserted by FC2 system